FC2ブログ
神奈川県茅ケ崎市の動物病院です。 動物医療、トリミング、日々の出来事など**
第44回日本低温医学会
2017年11月02日 (木) | 編集 |
5時起きで浜松町からアクシー号に乗って千葉まで行ってきました。バス2時間半はなかなかシンドくて、小学校のバス遠足で「気持ち悪くなる子は前の方」を思い出しました。おじさんになったら治るってもんじゃないのね。手あげて前に行けないしね。
アクシー1_convert_20171102155848

病院の13階が学会会場です。
アクシー2_convert_20171102155906

ハンズオンセミナーも参加してきました。が、全て英語(通訳なし)・・・そうですかそうですよね・・汗。
アクシー4_convert_20171102155942
アクシー5_convert_20171102160019

連日のお休みでご迷惑をおかけいたしましたが、また新たな知識を診療に生かしたいと思います。



Cryo Probe 凍結機材
2017年10月23日 (月) | 編集 |
昨夜の台風はすごかったですね。消防防災関連の催しが中止になり時間ができたので、凍結機材のデモを行ないました。
グリンピースや寒天、パテを冷却し、最近導入した温度計でデーターをiPadにブルートゥースで記録し、更にiPadからメールでデータをPCに送信し、データをエクセルで折れ線グラフに処理します。今までストップウォッチで計測し、かなりアナログでしたが、このデーターロガーで随分客観的に評価できるようになりました。
2017-10-23_convert_20171023101418.jpg

なにせアナログ世代なんで、記録媒体もいろいろ進化していて使い切るのに一苦労です。便利なんですけどね・・・。
2017-10-23-2_convert_20171023101438.jpg

JVM(獣医畜産新報)11月号
2016年11月03日 (木) | 編集 |
JVMと言う雑誌で「日本大学獣医外科会」特集が組まれ投稿させていただきました。そもそも私も所属している外科会ですが、400名を超える獣医師が所属しており層の厚さを実感致しました。
jvm_convert_20161103131253.jpg

私はいつもの通り凍結療法の話しなんですが、学生の時は温熱療法(RF)を研究していたので、そんな思い出やら何やら4ページほど書かせていただきました。
jvm2_convert_20161103131357.jpg
ジュンク堂にあったかな。あれば見れますけどどうですかね。
耳道腫瘍の凍結療法
2015年09月15日 (火) | 編集 |
何_convert_20150915201218
紹介医さんより耳道の腫瘤(できもの)でご依頼を頂きました。長年腫瘤が耳道を塞いでいたため、慢性の化膿性外耳炎を起こしており、大きさは徐々に大きくなっている様でした。腫瘤の根は体側にあり部分切開も難しいケースです。何より高齢のため全身麻酔による切除は、飼い主さんは希望されておりませんでした。紹介医さんと良く相談され、無麻酔ならという事で当院を受診頂きました。

何2_convert_20150915201249
なかなか手強い腫瘤でしたが、耳道は無事開通しました。化膿性炎症も治まり耳の状態も良い様です。腫瘤は比較的悪性度の低い物でしたが、再発も多いようです。凍結療法は全ての治療に変わる物ではありませんが、無麻酔の低侵襲治療としてご検討頂けると良いと思います。
凍結療法(大型の皮膚腫瘤2)
2015年08月22日 (土) | 編集 |
先日もご紹介しましたが、比較的大型の皮膚腫瘤に対する凍結療法を紹介いたします。

この子は16歳で呼吸器系に問題があり、以前から各所の凍結治療を行なっていましたが、最近急速に大きなった腫瘤があり、治療を行なう事になりました。
モッピー1_convert_20150822144849

腫瘤は直径4センチで日々大きくなっているとの事でした。酷く咳をしていて麻酔での切除はなるべく避けたい所です。
モッピー2_convert_20150822145002

病理の結果はまた脂腺上皮腫でした。病理診断医によると悪性度の高い方で、やはりなかなか手強い腫瘍でしたが、数回の凍結で何とか収束しました。
モッピー3_convert_20150822145019

最近の来院では上皮化(薄い皮膚が被う事)が出来て飼い主さんも一安心です。当院では麻酔をして手術する事を勧めない訳ではありませんが、麻酔を必要としない治療がある事を知っておいていただくと良いと思います。
モッピー4_convert_20150822145035