神奈川県茅ケ崎市の動物病院です。 動物医療、トリミング、日々の出来事など**
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノギのお話
2011年11月29日 (火) | 編集 |
朝から突然歩けなくなった子が来ました。
PB240544_convert_20111129144532.jpg

飼い主さんは何も思い当たる事はないそうです。が・・

足裏を舐めていて赤くなっていました。

パッドの間には小さな傷があり、異物による外傷を疑い探査した結果・・・
PB240541_convert_20111129144556.jpg

出てきたのはノギでした。
PB240542_convert_20111129144619.jpg

ススキなどの種子の様ですが、犬や猫で外へ行く子達にいろいろ悪さをします。
釣り針のようにカエシ(反対方向に向かっているとげ?)があり、一度入ると徐々に奥に入ってしまい、なかなか取り出す事が出てきません。
耳の穴に入ったり、鼻の穴に入ったり、時には眼の結膜という柔らかい所に刺さっているケースもありました。
いずれも単純な皮膚炎、外耳炎、鼻炎、結膜炎がなかなか改善しない場合疑わなければなりません。

この子は、傷からノギを取り出し洗浄を行って終了です。
翌日も包帯の交換で拝見しましたが、もう普通に歩いていました。

草むらのお散歩には注意が必要ですね(院長)。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。