FC2ブログ
神奈川県茅ケ崎市の動物病院です。 動物医療、トリミング、日々の出来事など**
アレルギー検査とアレルゲン特異的免疫療法(減感作療法) 2
2012年09月25日 (火) | 編集 |
主治医の先生に選んで頂いた項目の検査結果です。スギ花粉は***です。
P9220230_convert_20120925124134.jpg
次は血液検査の確認として皮内反応検査です。少し難しい話しですが、血液検査だけで診断・治療を行なう事は可能ですが、スギ花粉が飛んでいない今、IgEが活発に出ているか疑問です。そのため皮内反応で実際にアレルゲンを与えて、体の反応を見る事も必要がある事と、治療に使用する注射の濃さを調節するのに必要があります。動物では血液検査と皮内反応検査で診断精度を89%〜100%に納める事が出来る様です。

診断用アレルゲン希釈液。と、いろいろ教えていただいている主治医の先生です。写真は看護師さんにお願いしました。皆さんにいろいろお世話になり恐縮です。
P9210219_convert_20120925124156.jpg
そして皮内反応検査注射直後(自分)
P9210223_convert_20120925124225.jpg
注射後15分位で膨疹と発赤の大きさを測定します。
P9210228_convert_20120925124259.jpg
今日はここまで、次回はいよいよ減感作注射1回目です。(次回よりタイトルを「減感作療法への道」とします)