FC2ブログ
神奈川県茅ケ崎市の動物病院です。 動物医療、トリミング、日々の出来事など**
Dr Macyの腫瘍学と凍結療法
2013年06月14日 (金) | 編集 |
福岡JPG_convert_20130614093623
今週の火曜日と水曜日で福岡のセミナーに参加してきました。講師はコロラド大学の名誉教授であるDennis W.Macy先生です。何十年も動物腫瘍の経験を持つスペシャリストです。故に複雑な治療の組み合わせも多く、同じアプローチはなかなか難しいと感じました。が、Dr Macyは多くの治療に凍結療法を取り入れておりました。この数十年の経験を持つスペシャリストが、凍結療法を現在も使用しながら腫瘍を治療している事は、凍結療法を研究している自分としては嬉しく思いました。もちろん全ての腫瘍に適応する訳ではありませんが、凍結療法は上手に使うとリスクなど少なく治療する事ができる事を改めて確認しました。

その他に様々な抗がん治療のレクチャーなどありセミナーを終了しました。そして講義中に先生の気に入っている格言?を一つ教わりました。
「Doctours put drugs of which they know little into our bodies of which they know less,to cure diseases ofwhich they know nothing at all.」
私は英語はよくできませんが、興味のある人は診療中にでも聞いてください、どういう格言かお教えしますね。(院長)