FC2ブログ
神奈川県茅ケ崎市の動物病院です。 動物医療、トリミング、日々の出来事など**
会陰ヘルニア手術(ポリプロピレンメッシュ法)
2013年11月11日 (月) | 編集 |
ヘルニアウン_convert_20131111143532
タイトルとこの写真に何の関係があるのか読者の方々には全く分からないと思いますが、この袋の中はワンちゃんの排泄物なんです(お察しの方もいたと思いますが)。しかし、ただのウンではありません。飼い主のお父さんはこのウンが出たとき涙が出る程嬉しかったそうです。もちろん私も万歳する程嬉しかったのですが、なぜでしょう。お父さんが嬉しかったのは恐らくこの手術を受けるまで、この子が散歩の度に何度も踏ん張ったり、痛がったりしていたのを見ていたからでしょう。私が嬉しかったのは、この手術を決断頂いた飼い主さんが、手術を受けていただいた事でそんなに喜んでいただいた事や、もちろんこの子の排便痛が無くなり生活が改善し、手術そのものの成果がこのように出ているからです。この会陰ヘルニアという病気の事は以前にも書きましたが、本当にそれだけ厄介な病気なのです。この度選択した手術ポリプロピレンメッシュを用いた解剖学的整復法は、麻布大学が行なっている素晴らしい手術方法なんですが、どの手術も一長一短があります。特に若くして発症したこの子にはこの手術法が一番良いと思い、飼い主さんに説明し実施しました。普通お受けした手術は抜糸を終えた段階でほぼ終了な訳ですが。この手術に関しては、再発も多く、まだ乗り越えなければならない事があります。ですから本当の意味での手術の成功は、きっと10年後まで分からないのかもしれません。私はこれから10年後までお父さんがニコニコしてこのウンチ袋を持ってご来院されるのを願っています。そんなみんなの思いとウンが入ったウンチ袋の話しでした。