FC2ブログ
神奈川県茅ケ崎市の動物病院です。 動物医療、トリミング、日々の出来事など**
新 減感作療法への道 4
2014年08月12日 (火) | 編集 |
連載のつもりだった「新 減感作療法への道」何と12年より更新なく、何とも残念なブログとなりましたが、2014年の自分杉花粉減感作はどうだったのか・・・もちろん現在でも約月一回の注射は継続しており、逆動物実験(意味不明の方はアレルギーの所を読み返して下さい)も3年目に入りました。今年はなかなかの好成績で2月3月4月をいつにもなく快適に過ごす事ができました。この逆動物実験の経験から、犬のアトピー性皮膚炎の治療のイメージがだいぶ分かってきました。実際、6月に新薬の発表があり、環境中のダニに限定したアレルゲン特異的免疫療法(減感作)を行う事が可能になりました。もともとこの治療は「阻止抗体」理論に基づいた治療法でしたが、最近では抑制性Tヘルパー細胞(Treg・アトピーを制御する)が関与していると考えられています。あー何だかもう分からなくなりましたね。そうなんです。が、覚えておいていただきたい事は、新たな知見や治療法が出て来ている事です。ただ、同じ様な症状の食物アレルギーは別の病気なので注意が必要です。次回は食物アレルギーの注意点を報告しますね。そして今更ですが今後は「減感作療法への道」改め「アレルゲン特異的免疫療法への道」とさせていただきます。