FC2ブログ
神奈川県茅ケ崎市の動物病院です。 動物医療、トリミング、日々の出来事など**
耳道洗浄器 オーリーフラッシュ
2010年12月15日 (水) | 編集 |
外耳道の洗浄を洗浄器(オーリーフラッシュ)で行ったケースがありましたのでご紹介いたします。外耳炎が悪化している場合、耳道内に炎症による分泌物や耳垢(耳の汚れ)の固まりが頑固に付着して耳道をふさぎます。通常犬は触られる事を嫌がりますが、中の汚れを出さなければ、なかなか改善しません。軽度の場合外来で洗浄をする事はありますが、極端に痛みがある場合や奥の汚れを出す場合はこのオーリーフラッシュを使用します。もちろん麻酔の必要もありません。

ある一定の圧の温水がノズルから噴射され汚れを浮かせ、同時に噴射された温水と汚れを吸引するシステムです。本人の負担は少なく、通常の洗浄を受け入れない子でも抵抗無く処置を受けてくれています。
PC140266_convert_20101215133024.jpg

普段は洗浄を嫌がるこの子も大丈夫です。
PC140264_convert_20101215133243.jpg

洗浄は2階の洗浄専用の処置室を使用しています。
PC140271_convert_20101215133825.jpg

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック