神奈川県茅ケ崎市の動物病院です。 動物医療、トリミング、日々の出来事など**
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑内障 シリコンインプラント手術(義眼硝子体内挿入)
2010年04月19日 (月) | 編集 |
緑内障で眼圧を下げる治療を行っても、残念ながら視力を失う子がいます。
痛みが残る場合は治療が継続されますが、最終的な治療にシリコンインプラント手術があります。
シリコンインプラントは表面の角膜は残し、シリコンの義眼を硝子体内に挿入する手術です。
手術の適応に関して、様々な可能性を獣医師と相談し治療を選択する必要があります。

サラちゃんは残念ながら通常の治療では痛みのコントロールができず、シリコンインプラント手術を受けていただく事になりました。治療後の経過は良好です。
御覧いただいてどちらがシリコンインプラントか分かりますか?違和感があまり無いことを感じて頂けますでしょうか(院長)。
sara.jpg

緑内障定期検査
2010年03月29日 (月) | 編集 |
本日は緑内障の定期検査がありましたので簡単にご説明いたします。
緑内障とは様々の原因により眼の中の房水を排水する事が出来なくなり、眼の中の圧力(眼圧)が上昇する病気です。
症状は程度により眼が赤い軽度の症状から強い痛みを伴い失明してしうまで様々です。
診断は眼球の圧力測定により診断いたします。
最近ではいろいろな眼圧測定器がありますが、当院ではトノペンを使用し眼圧測定を行っております。
点眼の局所麻酔を行い、角膜表面に接触し眼球の圧力を測定する簡単な検査です。


この子は定期検査で眼圧を計測しました。いつもより少し高いようなので、飼い主さんに集中的に投薬を行っていただき経過を見たいと思います(院長)。
tonopenn1.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。